スローな撮影方法の巻

 

減光フィルターのND100のフィルターと変換アダプターを購入しました。

ND100フィルターはカメラに届く光の量を1/100に減らしてくれるフィルターです。


その減光フィルターは明るすぎる場所で光の量を減らして、シャッターがゆっくり切れるようにします。
滝などの写真でよく見かける、水が白い絹糸のように写っている写真などは、このNDフィルター、減光フィルターを使っています。


都市風景を撮影する場合は、NDフィルターの活躍の場所はそう無いんですが、夕景の光がとても強い時や、海岸での海の表情の演出、それから何といってもこれからの季節、日中の雷の撮影などに使えるかと思ってます。


実際使ってみないと、どう撮れるか。雷など、ND100だと暗すぎるのか?想像できませんが、これからの季節、面白い写真が撮影できたらと思います♪

 

 

そしてそして、ついに「EOS 6D Mark II」が発売されるようです。

どこまで情報が本当なのかまだ?ですが。


ぶっちゃけ、ソニーのαシリーズに機材を全とっかえをしようかと考えてた矢先にこのニュース。
液晶モニターが動かせるバリアングルモニタを採用!?だそうです♪
これはありがたい!!でもαにもあるんです。確か。


それじゃぁ、価格?一番はレンズの種類か。

αよりキヤノンの方がレンズ種類が多い。絵はαが個人的には好み。
ん~~どちらにしたら良いか。。。悩む。


EOS 6D Mark IIの詳細はまだのようですが、シャッター速度は1/8000になってくれたら。それから水準器をファインダー内に搭載しててくらたら買いかな。

あともう少し軽ければ。

 

高速連続撮影は4.5から6.5/秒になる?ようで助かります。
電車などを撮影するシーンでは、初代6Dだと正直厳しかったので、置きピンで撮影してました。

 

画素数は初代6Dでも雑誌の見開きサイズなら十分ですが、MarkIIだと600万画素向上?
若干のトリミングもOKになりそうですね。あまり画素数上がると後処理が大変になるので、自分的には丁度いいかも。


それからISO感度の常用範囲が上がり?、ダイナミックレンジが広がってくれる?ので、そこは凄く期待♪

6Dのダイナミックレンジは狭すぎますから、、、、


ん~はよ、新しい情報がほしい♪