「α7Ⅲ」をちょいといじってみて

 

腰痛のため、カメラを持って出掛けれてないんですが、近所の買い物や窓から見える景色を撮影して、

カメラテストをしております。

 

良い点、悪い点等見えてきました♪

でも何だかんだで、トータル的にハイスペックなカメラだと感じています。

 では早速、良い点から。

 

・高解像度です。EOS-5D4よりも解像度が高い絵が撮影できます。

価格差を考えると驚異的なコスパではないでしょうか。

 

・ダイナミックレンジが広い!!6Dでは表現できないであろうシーンでも白トビや黒潰れを起こすことが殆どなく、

暗い場所でのディティールの保持力は驚き。

 

・連射速度が半端ない。秒間10コマで撮影できるので、決定的な瞬間を取り逃がすことは少なくなるだろうと感じています。

 

・高感度でのノイズが少ない。ISO2000でも等倍で写真を見ても問題なく使える感じです。ISO4000辺りでもライトルーム等でノイズ低減を行えば使えるなと思いました。

 

・EVFファインダーにより、明るい場面でも眩しくなく、また画面内に水準器やヒストグラフ、好みのグリッド線を表示させて撮影できるので、撮影がとてもしやすくなりました。

 

・ボタンのカスタマイズが可能

全ての個所では無いですが、好きなボタンやダイアルにカメラ機能の設定を配置できます。

また本体の設定項目にマイメニューを作ることで、好みの設定に簡単迅速にアクセスすることが可能となっています。

 

・段階露出の設定が豊富で、最大9枚、露出を変えながら撮影が可能です。

HDR撮影に重宝しそうです。

 

・チルト式液晶画面で液晶画面が動くことで撮影がしやすくなっています。

 

・絵の表現性が半端ない。夕景の空の微妙な色合いなど繊細に表現してくれます。流石ソニーセンサーだと思いました。

 

悪いところ

 

・データ書込み中に設定変更ができない。結構なマイナス点。

 

・ボディーのホールド感が悪すぎる。手に負担がかかり疲れます。同じく相当なマイナス点。

 

・被写体によってEVFファインダーでは見づらいものがある。これも結構なマイナス点。

 

・非圧縮RAWで撮影すると写真一枚50MBと半端ないデータ量。20MBじゃなかったようです。

 

・ケーブル差込口の蓋の開け閉めがしづらい。ケーブルも差し込みづらい。

 

・ソニー純正の保護フィルムを貼ると鏡のように反射して、昼間の外だとまったく画面を確認できない。

 

今のところこんな感じでしょうか。

 

ボタンのカスタマイズも完了したので、少し扱いやすくなったかもです。

 

明日辺りから桜の撮影もしていけたらと思っています♪♪