「α7-3large」(笑)。カメラのグリップ力上げてみました♪♪

 

「α7-3」をしばらく使い続けて色々と思う事があります。

 

まぁ~~~扱いづらい。

現状で特に扱いづらさを感じるのがカメラのホールド感。

大きな手をしている私にしてみれば「α7-3」は最悪なホールド感。

両手が腱鞘炎になりました。

 

でも、絵は綺麗なんです。

 だから使い続けられるようにと考えました。

 

ソニーの指あまり対策のグリップエクステンション『GP-X1EM」を購入しようかと。

 

 

↑これ一万円です。ソニーさんのデザイン的問題なのに強気な価格(笑)♪♪

https://pur.store.sony.jp/ichigan/products/GP-X1EM/GP-X1EM_purchase/

 

量販店で自分のカメラに装着してみました。が、、、

小指のグリップ力は上がりますが、それだけ。。。

カメラと手の平の接地面の面積はこれでは増えず、また左手は今まで通り。

そして三脚を装着できなく水平に置けない、まっ摩訶不思議な作り。。。

こんなんに一万円だしてたまるか!!( ;∀;)

 

ということで、却下。

 

 

 

続いてソニー純正の縦位置グリップ「VG-C3M」を検討。

https://www.sony.jp/ichigan/products/VG-C3EM/

 

価格は3万円~程。

 

こちらも量販店さんで試させてもらいました。

確かに握りやすくなりました♪

 

ですがボディーサイズがかなり大きくもなり6Dよりも重くなる。。。

「α7-3」を購入した目的の一つ、軽量がなくなってしまう。。。

縦位置のグリップも何故か浅く、こちらも摩訶不思議な作り。

 

そんなこんなで却下。

 

 

 

続いてネットを彷徨い「INPON L型クイックリリースブラケット アルカスイス互換 1/4"ネジ付 Sonyα9専」を見つけ、価格も3,000円程とお求めやすかったのでAmazonショップで購入。

 

軽いレンズなら良いと思いますが、重いレンズを装着した時にプレートの角が手に食い込んで痛かった。。。

 

こちらは直ぐに使うのをやめました。                                                                                                                        

 

最後のあがき。

 

自作グリップの製作。

 

キヤノン「EOS-6D」が私の手に馴染んでいたので、その感覚に少しでも近づけようと試作グリップを作りました。

 

 

1)試作機はこんな感じです。

 

2)少し幅をもたせました。

これにより私の大きな手とカメラとの接地面積も増え、ホールド感が少し増しました。

 

3)少し幅を増やしたことで、指がシャッターボタンの上に自然と乗っかるようになり、また右親指操作も自然な動きで操作できるようになりました。ただ「α7-3」の右手親指が引っかかる背面の形状が不可解な角度。そこを頼りグリップ力を飛躍的に上げることは無理。自作グリップのさらなる工夫が必要と思えます。

 

ですがカメラをホールドしつつ指が自然に動かせる様になったので、指への負担は減りました♪♪

 

4)底を厚くしたことで小指あまりの解消。小指も含めてカメラをホールドできるようになりました。

それから手の平に底面角を自然と乗っけることができるようになったので、合わせて指の負担が減りました。

 

5)USB充電で現状不満が無いので、USBポートを使えるようにしています。

 

6)メディアの撮りだしは必須なので、こちらも使えるようにしています。

 

※三脚も装着可能です。

 

実際、試作品のできはまだまだ。

ところどころ自分の手に合うように、これからやすり掛けを入念に行えば、もう少しグリップ力が上がるかも。

 

左指とレンズとの距離感など、もっと調整、工夫が必要。

 

完成品はもっとホールド感を上げ、+α機能性を持たせ、防滴でいて美しい木目調、もしくは黒色にしたいと考えています♪♪

 

製作費は3,000円♪♪

ソニー製『GP-X1EM」よりはコスパも機能的にも上回っているかと思います♪

 

そして手間はかかりますが自分の手に合ったオーダーメード品。

かなりお得だと思います♪♪

 

工作好きな方なら自作も良いかと思います♪♪