tomo

写歴

1976年生まれ。20代の時に大学病院での医療事務の仕事をしながら、自分の人生に違和感を感じるもんもんとした日々を過ごす。学生時の同級生の紹介で絵描きの人達に出会い、自分にも何か表現する手段がないかと思う。

気軽に自分を表現できそうなデジカメを手に取り撮影開始。病院は辞める。

写真を始めて1年程でデジタルカメラマガジンからクリエーターとして紹介され「才能があるのでは!!」と大きな勘違いをする。

その後はコンデジや銀塩カメラでの撮影、そしてデジカメ一眼レフなど、撮影機材や被写体、撮影スタイル等をかえながら写真を勉強。

センスと撮影全般の知識不足、曖昧な撮影動機の為に「コレだっ!!」と思える写真が撮れないまま数年間苦悩の日々を過ごす。

そんな時に「この人だ!!」という写真家、中平卓馬氏と出逢い写真に対する向き合い方を間近で学ぶ。

少しずつ撮影の仕事が貰えるようになった矢先に身体を壊して療養・・・

それからは写真は趣味と割り切り楽しみながら日々を過ごす。

数年後、知人に撮影方法を教えるなかで「もったいない」の一言から一昨年ストックフォトを始める。

「自分の写真は売れるんかい?」と思いながら、少しずつ写真が売れるようになりフォトグラファーとして活動をすることを決める。

今後は楽しみながら月の半分ほど好きな場所を旅しながら撮影をし、その時に撮影した写真を見た人が「こんな場所行ってみたい」。そう思ってもらえる写真を撮ることが目標。

 

なんたって人生一度だから。

 

※2017年から新たな活動開始しました。

「移動費と宿泊代、食事代いただけたら全国、撮影に伺います♪」です。

撮影費はいただきません♪

街のパンフレット用の風景写真なども喜んで撮影させていただきます。

ご興味ある方はご連絡ください。

 

お問い合わせ